読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleのナビゲーションバーをページ上部に固定するユーザースタイル

f:id:kk6:20110703033206p:image
完成してから気づきましたが、すでに Google+ 限定でなら書いてる人も何人かいるみたいですね。僕はGoogleの主要なサービスにほぼ全てで、上部のナビゲーションバーを固定させてみました。かなり面倒だったので後悔してますが。

Gmailは元々「アーカイブ」とか「迷惑メール」とかのボタンが配置してあるバーがfixedになってて、ページのスクロールに合わせて付いてくるんですが、これとナビゲーションバーの間隔も調整して重ならないようにしてます。
f:id:kk6:20110703033207p:image

あとはナビゲーションバーを透過させてbox-shadow効かせて、ちょっとだけモダンぶってます。

ソースはGistとuserstyle.orgに置いてますのでお好きな方からどうぞ。

もしおかしなところがあったら教えていただけると嬉しいです。

ちょっとだけnth-child擬似要素について解説

ちなみにGmailのHTMLがちょっと厄介で、だいたい以下のようになってます。

<body class="cP">
  <div>
  /* 中略 */
    <div class="vI8oZc cS">
    <div class="nH">
      <div class="nH GcwpPb-Z8OBDd">
        <div class="nH oy8Mbf qp">
        <div class ="nH">
          <div class="no"> /* これに適用させたい */
          <div class="dJ"></div>
        </div>
      </div>
      <div class="nH">
        <div class="no"> /* これには適用させない */
        /* 以下略 */

「no」というクラス名がいくつかあって、そのうち最初のほうにだけスタイルを適用させたい。そんな時はCSS3のnth-child()擬似要素を使用します。これってどっちが先なのかは知りませんがjQueryにもありますね。以下のように使います。

body.cP div:nth-child(1) .nH:nth-child(1)
.nH:nth-child(1) .no:nth-child(1) {
    margin-top: 30px;
}

この nth-child は他にも

.class-name:nth-child(odd) /* 奇数番目の要素すべて*/
.class-name:nth-child(even) /* 奇数番目の要素すべて */
.class-name:nth-child(5n+1) /* 5つを1グループとして、各グループの1番目の要素すべて */
}

のようにも使える割と便利な機能です。

ああ、そうだ。

当然ですがIE6〜8まではCSSのnth-childに対応してません。
おとなしく Firefox, Google Chrome, Opera あたりに乗り換えてください。